みかんを食べすぎると、手が黄色くなるのは本当
食べ物・飲食店

みかんを食べすぎると、手が黄色くなるのは本当

みかんを食べすぎて、なんとなく手が黄色くなったと感じたことがある人は多いのではないだろうか。
これは気のせいではなく、みかんを食べすぎると、顔や手が黄色くなることがある。
その理由は、みかんに含まれるカロチンという色素が体内の脂肪につくためだ。
たくさん食べた分だけ、皮膚が黄色くなってしまうことが知られており、これは「柑皮症」と呼ばれている。
ちなみに、高脂血症の人ほど柑皮症になりやすい。その理由は、カロチンが脂溶性(脂に溶けやすい性質)であるため。
ただし、「柑皮症」そのものはは一時的なもので、健康にも害はないので心配する必要はない。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。