「のり」の語源は、「ヌラ」(ぬるぬるの意)
日本語

「のり」の語源は、「ヌラ」(ぬるぬるの意)

日本人が大好きな海苔(のり)。
養殖が始まったのは江戸時代中期だが、有史以前から食べられていたと言われる。
そんな「のり」の語源は、「ヌラ」(ぬるぬるの意)だったという説がある。
海苔は乾燥された後はパリパリになるが、収穫する時点では「ぬるぬる」している。
これを表す「ヌラ」が転じて、後に「のり」になったと言われている。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。