4億年前の地球で陸上最大の生物は、キノコだった
生き物

4億年前の地球で陸上最大の生物は、キノコだった

シルル紀からデボン紀(約4億4370万年前から約3億5920万年前まで)にかけ、陸上で最大の生物はキノコであったと考えられている。
その名はプロトタキシーテス(Prototaxites)。
最大で幹の直径が1 メートル、高さは8 メートルに達していたと考えられている。
当時はまだ脊椎動物が海の中で活動しており、陸上に進出していなかった時代。
陸の王者は、キノコだったのだ。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。