カボチャの語源は、カンボジア
食べ物・飲食店

カボチャの語源は、カンボジア

かぼちゃは、は天文年間(1532年-1555年)に豊後国(現在の大分県)にポルトガル人がカンボジアから持ち込み、豊後国の大名だった大友義鎮(宗麟)に献上したと言われている。
カンボジアから持ち込まれたため、当初「カボチャ瓜」と呼ばれ、のちに「瓜」を外して「カボチャ」と呼ばれるようになった。
(諸説あり)

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。