サラリーマンの語源は、古代ローマの塩
働くこと・仕事

サラリーマンの語源は、古代ローマの塩

サラリーマンの「サラリー」の元々の意味は「塩を配る」というもの。
「サラリー」の語源は、「塩を支給する」という意味のラテン語である「サラリウム」。
塩は古代ではとても貴重なもので、古代ローマでは、役人や軍人たちに塩が支給されていた。
帝政時代になると、塩ではなく貨幣が支給されるようになったが、給料を意味する言葉は、「サラリウム」の変化形である「サラリー」が現在も使われている。
我々が慣れ親しんだ「サラリーマン」という言葉は、塩を支給していた古代ローマに源流があるのだ。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。