フィリピンには、ココナッツ庁という政府機関がある
政治

フィリピンには、ココナッツ庁という政府機関がある

東南アジアの1国として、近年成長著しいフィリピン。
そんなフィリピンには、Philippines Coconut Authority(ココナッツ庁)という政府機関がある。
ココナッツ庁は1973年に設立された、農業省の下に置かれている庁の一つ。
ココナッツおよびその他のパーム油産業を発展させることを使命としており、ココナッツの木の植樹や土地の整備などを行っている。
フィリピンには、2018年時点で350万人のココナッツ農家がおり、農産物の輸出金額でも、ココナッツは米に次ぐ2位。
ココナッツはフィリピンにとって重要な農産物なのだ。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。