都市ガスは、もともと無臭
水・電気・ガス・道路

都市ガスは、もともと無臭

家庭のコンロで使われる都市ガスの主成分はメタンでエタンやプロパンも含まれている。
しかし、メタンやエタン、プロパンは無臭の気体で、匂いはない。

しかし、目にも見えず、臭いもしないとなると、ガス漏れが起きた時に気づくことができず、危険である。
そこで、ガスが漏れた場合にすぐに異常に気付けるように、都市ガスには微量のチオールを添加している。
チオールの臭いは人間にとって不快な臭いであるため、ガス漏れが起きた場合、すぐに異常に気付けるようになっている。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。