10月26日は柿の日、正岡子規があの俳句を詠んだ日
今日は何の日

10月26日は柿の日、正岡子規があの俳句を詠んだ日

10月26日は柿の日。
今から100年以上前の1895年10月26日、正岡子規が奈良旅行中に、かの有名は俳句
「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」
を詠んだとされることから、全国果樹研究連合会が定めた。

この俳句がよまれた初出は『海南新聞』1895年11月8日号でしたが、当時の反響はあまりなかったようです。
しかし今日では、正岡子規が生涯で読んだ20万以上の句の中で最も有名なものの一つとなりました。
正岡子規は大の柿好きで、学生時代には樽柿(酒樽に詰めて渋抜きした柿)を一度に7、8個食べていたといいます。
大好きな柿の句が有名になり、正岡子規も喜んでいるでしょうか。
柿がおいしい季節になりました。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。