一部のヘビは、赤外線を感知することができる
生き物

一部のヘビは、赤外線を感知することができる

ガラガラヘビ、ボア、ニシキヘビなど、一部のヘビは、目と鼻の間に「ピット器官」と呼ばれる器官を持っている。
この「ピット器官」がセンサーの役割を果たすことで、ヘビは周囲の赤外線を感知することができる。
くぼみ状のピット器官内に赤外線が入ると、ピット器官の中の薄い皮膜の温度が上昇し、この熱の変化が神経系に信号を発信する。
こうした仕組みによって、一部のヘビは暗闇の中でも獲物や天敵を感知している。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。