人間が使える川や池の水は、地球上の水の0.01%しかない
地域・地理

人間が使える川や池の水は、地球上の水の0.01%しかない

地球にある水のうち、97.5%は塩水で、淡水は2.5%しかない。
淡水のうち、約70%が氷河・氷山として固定されており、残り30%の大半は土中あるいは地下深くの帯水層の地下水となっているため、容易に取り出すことができない。
淡水のうち、人間が利用しやすい河川や湖沼に存在する地表水は淡水のうち約0.4%にすぎない。
これは、地球上のすべての水で換算するとわずか0.01%である。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。