チロルチョコが20円になったのは、大きくしてバーコードで読み取れるようにするため
食べ物・飲食店

チロルチョコが20円になったのは、大きくしてバーコードで読み取れるようにするため

チロルチョコは1979年からチョコを10円サイズのものに統一して販売していた。
しかし、10円サイズのチョコは、小さすぎて包装にバーコードを印字できないという弱点があった。
そんな中、チロルチョコの売り場は次第にスーパーやコンビニなど、バーコードの読み取りが必要なところへ拡大していった。
そこで、1993年からは、包装にバーコードを印字できる、20円サイズのチロルチョコを販売した。

報告する

投稿者

管理人
管理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。